【衝撃】さくらももこの壮絶人生をご覧ください…(画像あり)

【衝撃】さくらももこの壮絶人生をご覧ください…(画像あり):
http://www.akb48matomemory.com/archives/1072165579.html.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください:
https://www.youtube.com/channel/UCnmzTEVxHn40ZgcWb5bmv2g?sub_confirmation=1
『ちびまる子ちゃん』の作者である、漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんのため亡くなった。享年53。40代半ばでがん発覚後、治療を続けながらも仕事のペースは落ちなかった。 さくらさんは1965年、主人公・まる子と同じく静岡県清水市に生まれた。中学生の頃から少女漫画雑誌に作品を投稿。当時は正統派の恋愛漫画を描いていたが、賞には縁がなかった。 「高校2年生の時に、学校で行われた作文のテストで95点の高得点をとり、先生から“エッセー調の文体が高校生とは思えない”と大絶賛され、“現代の清少納言”と評されました」(さくらさんの知人) 静岡県の短大に進学。在学中の1984年、漫画雑誌『りぼんオリジナル』にて『教えてやるんだ ありがたく思え!』でデビュー。1986年に短大卒業後、上京して出版社に就職するも、漫画1本に集中するため、2か月で会社を辞めた。3か月後には『りぼん』で『ちびまる子ちゃん』の連載が始まった。1989年、当時の編集担当者Aさんと結婚し、1994年に長男が誕生。その時の喜びや子供の成長をさくらさんは、『赤ちゃん日記』(小学館)で、こう表現した。 《おひさまもこいのぼりも みんなあなたが すこやかに成長することを祈っています》 しかし、幸せな生活は長くは続かなかった。Aさんが結婚後、出版社を退社し、さくらさんの個人事務所『さくらプロダクション』の代表に就任すると、夫婦にすきま風が吹き始め、1997年の秋にふたりは別居、翌年離婚した。4才になった長男の親権はAさんが持つことで合意したが、育てあげたのはさくらさんだった。シングルマザーとして子育てに励んでいた中、2002年にさくらさんは、長男と共著で絵本『おばけの手』(幻冬舎刊)を出版した。 「まとまりのないストーリーですが、それが子供らしい発想だと話題を呼びました。長男のペンネームはさくらめろんといいますが、その理由は甘いメロンが好きだからだそうです」(出版関係者) 8/31(金) 7:00配信 その翌年、さくらさんはイラストレーターのうんのさしみ氏と結婚。再婚のきっかけとなったのは、長男だった。 「再婚する前に、息子さんが彼に“お父さんになって”とお願いしたそう。さくらさんは息子さんにどう言おうか悩んでいたそうですが、あっさり打ち解けたので驚いたそうです」(前出・知人) それから数年後、病魔がさくらさんを襲う。乳がん専門医で医療法人社団進興会理事長・森山紀之さんが言う。 「乳がんはステージ1で治療開始できれば10年生存率は9割を超える。しかし、末期のステージ4なら生存率20~25%。つまり4人のうち3人は10年生きられない。乳がんが厄介なのは、転移しやすいこと。とくにリンパ節、肺、骨、脳などに転移しやすく、抗がん剤による治療は長引くほどに患者の心身に大きな負担となります」 ◆愛する地元に恩返しがしたい さくらさんはプライベートな情報を明かさない作家としても知られていた。 「“普通に買い物に行ったり旅行に行きたいから”との理由でした。息子さんにも、小学生になるまで、自分がさくらももこだということは内緒にしていたそうです。まだ53才という若さだったことを今回初めて知った人も多いのではないでしょうか」(スポーツ紙記者) さくらさんは、人一倍、健康に気を使っていた。20代後半の時は「飲尿健康法」を実践。始める前は、腰が痛かったというが、いつの間にか痛みは消え、肩もこらなくなったという。ほかにも、毎日25錠のサプリメントをのんだり、ビタミン補給のためミキサーを使わないで、おろし金ですりおろしたにんじん・りんごジュースを飲んだ。寝る時は血行をよくする備長炭入りのマットを使用していたこともある。 「“好きな仕事を続けるためには、いいと思ったことをやって健康でいなくちゃね”とよく話していたんですが…。そのさくらさんが乳がんに侵されてしまったとはなんともいえません」(前出・知人) 闘病を始めた頃から郷土への思いを強くしていた。2007年度から、地元静岡市に「静岡市はいいねぇ。」をキャッチコピーに、さくらさん自身をモチーフにした女の子を描いたオリジナルイラストを提供。職員の名刺やバッグなどに絵を提供したほか、JR静岡駅にはイラストが描かれたフラッグが並び、街を走るバスや母子手帳にもイラストを提供した。今年8月には、『ちびまる子ちゃん』のイラストが入った下水道用マンホール2枚を市に寄贈していた。 「これは昨年、さくらさんが“静岡にもかわいいちびまる子ちゃんのマンホールを”と市側に提案して実現しました。今思えば、命があるうちに“愛する地元へ恩返ししたい”という思いがあったのかもしれません」(前出・出版関係者) さくらさんが歩んだ人生は、決して色あせない。 ※女性セブン2018年9月1号 さくらももこ(本名(旧姓):三浦美紀(みうら みき)、1965年5月8日 – )は、日本の漫画家・作詞家・脚本家。静岡県静岡市清水区出身。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。血液型はA型。身長159cm。子供の頃、「青島幸男みたいに偉くなりたい。歌を作りたい」と言ったが、父のヒロシに「青島幸男は国会議員だ。無理に決まっている」と一蹴された。そのさくらが青島を目標とし大人になって作詞した歌が「おどるポンポコリン」である清水市立(当時)入江小学校、同・第八中学校、静岡県立清水西高等学校卒業。1984年 – 静岡英和女学院短期大学(現・静岡英和学院大学短期大学部)国文学科在学中に『りぼんオリジナル』冬の号(集英社)にて「教えてやるんだありがたく思え!」(「教師」をテーマとしたオムニバス作品。「ちびまる子ちゃん」第1巻に掲載)でデビュー。1986年 – 静岡英和女学院短期大学卒業、同年4月に上京しぎょうせいに入社するが勤務中に居眠りする等して上司から「会社を取るか漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ「漫画家として生活していく」と回答した為、同年5月末に約2か月で辞職。同年8月、『りぼん』で「ちびまる子ちゃん」の連載開始。1989年 – 『りぼん』の編集者・宮永正隆と結婚。1994年 – 長男誕生。1998年 – 宮永正隆と離婚。2003年 – イラストレーターうんのさしみと再婚。2018年 – 8月15日20時29分、乳がんのため死去。53歳没。さくらの通夜・告別式は遺族の意向により親族・近親者のみで執り行ったため、式事一切が終わるまで訃報は控えられ、2に報告する形となった。wiki 飲尿で健康になるわけないだろ 体にとって不要だから体外に排泄するのにまた体内に戻してどうするんだ 21: 人って大病を患うと優しくなるよなあ 5体から余分なものを出す力が強まるんじゃね タバコ吸ってて健康ヲタクとかどうなんすか 2 6 喫煙者だったの? 中間おすすめ記事 3 25 ヘビースモーカー 稼ぎすぎる女の末路。 3 心の闇が深そう 6 変な健康法やるほうもどうかしてるけど 洗脳のように勧めてくる人がいたからそういうのやりだしたんだろう そこまで健康に拘りあっ
#【衝撃】さくらももこの壮絶人生をご覧ください…(画像あり)
#芸能人の気になる噂, #びっくりニュース