アイネクライネ/米津玄師 カバー

アイネクライネ/米津玄師

失明をきっかけにマイノリティが輝ける世界を目指して音楽で活動中です!🎶
同時に世界で起きている不公平や悲しい出来事を音楽を通して広められたらなと日々奮闘中です🕊

興味を持っていただいたらYouTubeのチャンネル登録やHPをチェックして見て下さい🙋🏻‍♀️

#クリスマスライブ開催決定🎄💝
#片目失明しました😜
#音楽で世界平和

素敵な音源はこちらでお借りしました。

hp👉 https://peace-mayshibuya.jimdofree.com/about-1/
instagram👉harmony_ii
instagram👉mayshibuyay
Twitter @masapowMe

◆自己紹介

19歳の時グラスが目にささり眼球破裂。
水晶体をとったり眼球をバンドで固定させたりしてるため見た目が悪く、光や動きはなんとなくわかるがほぼ見えない為眼帯の生活を始める。(失明)
その後、外に出て他人にジロジロ見られたり、
心無い一言を細かく気にするようになり殻に閉じこもり
人前に出るのが嫌で友達とも会えなくなる。学校は中退。

人生のどん底を味わう。
ある時、障がいのつらさや差別、偏見、生きる希望がなくなったときに
自分なんかよりもっと過酷な辛い境遇にいる人達を知る。
(障がい、戦争、難民、差別、文化、貧困など)

私は片目だけ、見ためが少し醜くなっただけで
世界にはもっと過酷な問題やつらさを抱えてる人たちが沢山いることに
気づいて目を向けるようになりました。

自分がつらいどん底を味わったからこそ、
世界で起きてる問題や抱えてるつらさをほおってはおけないと強く思うようになりました
私には何が出来るかと考えたときに
眼帯で目立つであろう自分が人前に立って何か行動することで、誰かの力になれたり、そういう過酷な現場にいる人たちを日本のみんなにも、
世界の人にも知ってもらえるのではないかと思い活動を始める。

When I was 19 yeas old, I lost my left eye.
I had a dream and friends, but I gave up on everything then.
Because I couldn’t think of my future.
But suddenly, I thought like this, “There are so many suffering people because of war, poverties, disabilities, discriminations, bullying, and orphans in this world. I felt this is more cruel than my handicap.
So I want to give those people dreams and power to live by my singing, my music.
Because I believe music can make people happy even though they has different roots and cultures.