米津玄師、初のCM出演で「Flamingo」を提供:MVを手がけた山田智和のコメントも到着

米津玄師が、ソニー完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のコラボレーションアーティストとして自身初となるCM出演を果たした。CMソングには、10月31日にリリースする両A面シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」の表題曲の1つである「Flamingo」が起用されている。米津玄師が出演したのは、ソニーの防水対応・メモリー搭載の完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のCM。その軽やかな動きは完全ワイヤレスの解放感を、重力を忘れて天に昇っていく雨は、水の制約から解き放たれて、さらに自由になった音楽体験を表現しているという。ソニーの特設サイトでは、米津のショートインタビューも掲載されている。また、「Flamingo」のMVもテレビ初解禁となった。このMVは、10月20日に史上初となる渋谷ハチ公口前広場と渋谷スクランブル交差点にある大型4面ビジョンにて同時放映という形で解禁され、同日20時にYouTubeで公開。公開3時間で100万再生を突破と自身最速記録で視聴されており、現時点では410万再生突破と大きな話題となっている。大ヒット曲「Lemon」が公開から13時間での100万達成だった事を踏まえると、その大きな飛躍ぶりが伺えるだろう。「Flamingo」のMVと、CM映像、CMグラフィックのすべては、映像作家の山田智和氏が手がけた。米津とは「Lemon」のMVで初タッグを組み、「MTV VMAJ 2018」において「最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞」を受賞したことも記憶に新しい山田監督だが、本人から次のコメントも寄せられている。いつもその人の人生で最も美しい瞬間を撮りたいと思っています。それが少し醜く見えても、生きている人を描きたいのです。私たちに風景を見せている光はどこから射しこんでいるのだろうと考えることがあります。視覚の前で流れる風景とは違う光が、死角に隠れて流れているのかもしれません。あり得べきもうひとつの現実からの光。どちらかを見るともう片方が見えなくなることがありますが、決して目を逸らさない人、それが私の米津さんのイメージなのです。変容する風景に従って、ひとりで歩いていく不安や恐怖、散歩するかのような昂揚や楽しさといった、さまざまな感情が湧き起こって私たちを強烈に包み込みます。- 山田智和さらに、両A面シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」の初回限定「フラミンゴ盤」に付属する「おまけDVD」には、このCM映像の長編である「Flamingo」Special Video(1min)が収められるとのことだ。SONY CM 特設サイトhttps://www.sony.jp/headphone/lovemusic/yonezukenshi/<リリース情報>米津玄師両A面シングル『Flamingo / TEENAGE RIOT』発売日:2018年10月31日(水)フラミンゴ盤(初回限定):CD+おまけDVD+スマホリング ¥1,900+税 / SRCL-9959~9961ティーンエイジ盤(初回限定):CD+サイコロ ¥1,600+税 / SRCL-9962~9963通常盤:CD only ¥1,000+税 / SRCL-9964=全形態共通・初回封入=*初回生産分のみ封入、なくなり次第終了となります。米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃 チケット最速先行抽選応募券応募期間:2018年10月30日(火)12:00〜2018年11月4日(日)23:59=収録内容=‐CD‐(全形態共通)1.Flamingo2.TEENAGE RIOT3.ごめんね‐おまけDVD-(「フラミンゴ盤(初回限定)」のみに収録」「Flamingo」 Special Video(1min)