石原さとみ、「アンナチュラル」は「誇り」=米津玄師も登壇、「個人的な曲だった」

同作では「不自然な死」と向き合う法医解剖医を演じた石原。「『どうしたら面白い台本を生かせるんだろう…』と悩んだ」そうだが、「原動力は監督(の演出)や脚本だった。自分はテンションを調節するだけ。あとは『ただ、